タグ別アーカイブ: 肌がカサカサ更年期

更年期で粘膜が弱っている方の対処法

更年期で粘膜が弱る

更年期で粘膜が弱るの?

1.粘膜が弱ってカサカサ、チクチクしてしまう方の対処法

この症状は

目、鼻、口、膣、膀胱などが乾燥したり、異常を感じたりします。
女性ホルモンが低下して粘膜や皮膚が乾燥していくために起こる症状です。
まず目の症状が出る人が多いようです。まさか目の乾燥の原因が更年期にあるとは思いません。また粘膜の乾燥が性交痛の原因になっている方も大勢います。パートナーに打ち明けることができずに悩んでいる方がたくさんいます。

ここでは粘膜が弱っている方の対処法を解説します。

【目の症状】
よく目が乾燥するようになった
ゴミが入ったようにゴロゴロして焦点が合わない
目がシバシバして疲れる
目の周りがかゆい
まぶたがたるむ
目が全部開かない
くっきりものが見えない

【口の症状】
口の中がネバネバする
乾いて話しにくい
舌がざらざらする
味覚が変わってきた
よく味を感じなくなった
なんでも甘く感じる

【のどの症状】
のどがいがらっぽい
のどにひっかかる感じがする
飲み込みにくい
咳が増える
話そうとすると咳が出る

【鼻の症状】
グズグズする
乾く
においを感じない
へんな臭いがする
痛みを感じる

【皮膚の乾燥による症状】
皮膚がかゆい
下着のあたるところがかゆい
かくとミミズばれになる
ひび割れが増える
アレルギーがひどくなる
湿疹、じんましんがすぐに出る
乳頭や乳輪がかゆい

【膣や膀胱の症状】
膣がくっついたような感じがする
かゆい
ひりひりする
ショーツの縫い目が気になる
ジーンズが硬くてはけない
頻尿
尿モレが起こりやすくなる
SEXの際に膣が痛い

※更年期以前の、生理前の女性ホルモンが低下している時期に起こっていたことが、生理周期に関係なく調子が悪くなっていきます。

粘膜が乾燥する更年期

こういう症状の方は・・・
多くの方がまず眼科や耳鼻科、皮膚科などに通いますが根本的な解決に至らず、ドクターショッピング状態になりがちです。病院に行くならまず婦人科に行ってください。40代女性なら不調を覚えたらまず婦人科に行くくらいの感覚で間違いありません。

もし、病院に行くのに抵抗がある、自宅で治したい、他人に更年期を知られたくない、という場合は以下の方法を試してください。

 

効果的な対策は3つです。

1.女性ホルモン剤
粘膜を潤して不調を解消していきます。補充する女性ホルモンには合成ホルモン、ナチュラルホルモンがあります。

合成ホルモンを使う場合はリスクがあるので注意が必要です。ナチュラルホルモンの方が身体に優しくリスクは低いです。どちらも効果的ですが、ホルモンを人為的に補充することへの怖さがある場合は挑戦しないで下さい。

2.漢方薬
粘膜異常は東洋医学では隠虚というリンパ液が身体の隅々まで行き届いていない状態です。

漢方は遅効性で、急な変化を起こさないためリスクはかなり低いです。遅効性のため、治療には我慢する期間が必要です。

3.プラセンタサプリ
粘膜や皮膚の保湿成分を補う力があります。ホルモン異常に総合的に効果を発揮します。

リスクが無い安心な方法です。多くの方がまず試してみる王道の対策です。人によってはすぐに効果が出る場合もあります。臨床例が多いので安心して試してください。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

1.女性ホルモン剤

当サイトでは合成ホルモンを補充することは、不自然な行為と考えています。更年期は女性ホルモンの分泌が停止へ向かうとともに、副腎などの働きで新しいホルモンバランスが作られていく大切な時期でもあります。にもかかわらず、自然の営みに逆らい「足りないなら外から補えばいい」とばかりに女性ホルモンを安易に補うことは、不自然だと考えています。

合成ホルモンは女性ホルモンに似せた物質を化学合成したものです。どうしても副作用に気を使う必要があります。

しかし、合成した女性ホルモン剤が効果的であることは疑いようがないことです。

エストリール

ピルカッターで用量を調整します。

おすすめの女性ホルモン剤は「エストリール」です。1回あたり0.1~1mgを1日2回服用するのが通常です。日本では処方箋が必要な医薬品なので医師の診断を受けてください。

最近は海外からの個人輸入によって処方箋が無くても「エストリール」を入手できるようになりました。個人輸入は出費も大幅に抑えることができます。もちろん合法です。また「エストリール」のジェネリック薬である「エストリオール」や「メリストラーク」であればさらに出費を抑えることもできます。
●処方箋無しでエストリールを手に入れる≫≫エストリール錠1mg(エストリール:60錠3880円、エストリオール:60錠2764円)※価格は2014年5月の参考価格です。

 

 自然の女性ホルモンを補う方法

女性ホルモンの補い方は科学的に合成されたエストリールのようなものを補充する方法と、自然界にあるナチュラルホルモンを補う方法があります。自然界の女性ホルモンとしてはイソフラボンが有名ですが、イソフラボンは効果が弱いため、ほとんどの場合、効いたと自覚するほどの効果が出ません。そこでイソフラボンの1000倍の力を持ったミロエステロールが有効です。

プエラリア・ミリフィカ

プエラリア・ミリフィカ

ミロエステロールはプエラリアに唯一含まれている植物由来の女性ホルモンです。その効果は高く、イソフラボンの1000倍の効果があります。また女性ホルモンであるエストラジオールと同等の力があるとされています。つまり、プエラリアを摂れば女性ホルモンがそのまま補充されることになるのです。

プエラリアはサプリで手に入れる

レディーズプエラリアプエラリアは正式名称をプエラリア・ミリフィカといいます。プエラリアを手に入れる方法は現在、サプリメントしかありません。原産国のタイが輸出を規制しているからです。

また低価格のプエラリアサプリには有効成分のミロエステロールが含まれていません。なぜなら樹齢10年以上の熟成したプエラリアにしか有効成分が含まれないため、とても稀少で高価な素材だからです。有効成分を自主検査して出荷しているのはこのレディーズプエラリアだけです。詳細はこちら≫≫レディーズプエラリア99%(330mg×60粒)

 

2.漢方薬

白井田七 更年期皮膚や粘膜が弱っている方には次の漢方薬が効果的です。
・八味地黄丸:足腰の冷えからくる頻尿、口の乾き
・牛車腎気丸:同じ
・白井田七:血行改善・リンパ液を動かす
・温経湯:肌を潤しながら温める効果
・真武湯:胃腸が弱くめまいやフワフワ感、動機などがある人に
●漢方についてもっと詳しく≫≫更年期に白井田七

 

3.プラセンタサプリ

プラセンタサプリ粘膜や皮膚の保湿成分を補う力があるのが、プラセンタサプリです。
医薬品ではありませんが、臨床データが豊富で、副作用が全くない安全な対策になります。プラセンタサプリは身体にもともと備わっているホルモン調整能力を引き出してくれます。

この点を誤解している方も多いのですが、プラセンタはホルモンではありません。ホルモンを作り出す器官に働きかけて活動を活発にするものです。そのため生産が衰えていた女性ホルモンを再び生産できるように調整します。即効性がある場合はこの生産能力が早期に復活していると考えられます。

また肌の保湿に必要なコラーゲンの生成に深く関わっている必須アミノ酸を豊富に含んでいるため、プラセンタサプリを飲んでいると肌がしっとりするという感想を持つ方が多いのです。更年期対策のつもりで飲んでいたら、肌まできれいになった方が多くいらっしゃいます。

効果を最大限に実感するためにはプラセンタ原末の含有量が多いものが必須となります。原末換算で一日400mgを目安に服用してください。当サイトでは71種類のプラセンタを比較してひとつの結果に行き着きました。400mg以上を服用するなら、コスパと効果でこのサプリに行き着きます。1ヶ月分60粒が4,860円です。詳細は≫≫母の滴プラセンタEX

 

その他の対策

【食事での解消法】
からだを温め滋養を高めるような食事を工夫しましょう。玄米や発芽玄米、はと麦、発酵食品の味噌、納豆をできるだけ普段から食事に取り入れるようにします。大豆製品は良質なたんぱく質を含んでいるので、ホルモンバランスを整え、コラーゲンを高める働きもあります。

オクラ、山芋などのネバネバ食材も滋養強壮に最適です。目の疲れがひどいときにはドライフルーツのクコの実がいいです。性器のかゆみを起こすカンジダ症を繰り返す人には、白砂糖や甘いものを控えてください。また、柑橘類、コーヒー、紅茶、ワイン、チーズ、チョコレートなどで痛みがひどくなる方もいます。

 

【スキンケアの注意点】
粘膜が弱っているのでとにかく洗い過ぎないように気をつけてください。肌をこすらないことも重要です。特に気を使いたいのがクレンジングです。良質なクレンジング剤でやさしく落とします。ぬるま湯で湿らせ軽く絞ったコットンにクレンジング剤をとり、目の上にしばらく置いてからやさしくふき取ります。スキンケア化粧品は乾燥~敏感肌用のものを使いましょう。ボディーソープも敏感肌用のものを使ってください。

次のページ≫≫いつもイライラしてしまう方
実際に当編集部で更年期に効いたプラセンタランキング

1位母の滴プラセンタEX 更年期に効くプラセンタはどれ?

詳細はこちら≫≫母の滴プラセンタEX

2位プラセンタの泉360 更年期に効くプラセンタはどれ?

詳細はこちら≫≫プラセンタの泉360

 

更年期障害はエストロゲンの減少が原因です

更年期障害は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少によって引き起こされます。女性では40から急激に減少します。そのため体内にエストロゲンを補充すると症状が緩和され、場合によってはほとんど症状がなくなります。

 

「粘膜が弱った方」に一番効果的なのはこのプラセンタです。
≫≫母の滴プラセンタEX

 

≫≫更年期の6症状に戻る