タグ別アーカイブ: 更年期に効くプラセンタ

更年期障害の症状とは?

更年期の症状とは

更年期障害とは

更年期では、卵巣機能の低下により女性ホルモンの分泌が減少していきます。この女性ホルモンの不足が原因で起こる漠然とした身体の不調、さまざまな精神的、身体的な不定愁訴を更年期障害と呼びます。

 

具体的な症状

具体的には次のような症状がよくみられます。ちなみに更年期障害では、こうした症状がいくつも重なって起こることが珍しくありません。それが、更年期障害をつらいものにする大きな要因にもなっています。

精神症状
頭重、頭痛、入眠障害、浅眠、早朝覚醒、疲労感、倦怠感、不安感、緊張感、イライラ感、うつ気分

身体症状
のぼせ・熱感、めまい・ふらつき、発汗、ドキドキ・息切れ、冷え性、食欲不振、嘔気、腹部膨満感、下痢、便秘、首の凝り・肩の凝り、関節痛、腰痛、頻尿、眼精疲労

≫≫更年期に効くプラセンタはどれ?
更年期はつらい

のぼせ、ほてり、多汗

更年期障害の不定愁訴のなかでもとりわけ多いのが、のぼせ、ほてり、多汗といった症状です。急にカッーと熱くなってほてり、まもなくサッーと引いていきます。症状の現われ方は個人差があり、顔だけが赤くほてる人もいれば、上半身が熱くなり、下半身は冷たい人もいるという具合にいろいろです。

こうした症状が生じる原因は、前述したように、エストロゲンの減少により、視床下部が強く刺激され、その影響で自律神経系のバランスを崩すことによるものと考えられます。

 

自律神経の失調

私たちの体は、暑さや寒さなどの刺激を受けて自律神経が働きます。自律神経のうち、交感神経が血管を収縮して血量を減らして体温を低下させ、一方、副交感神経が血管を拡張させ血流を促し体温を上昇させ、お互いにバランスをとりながら血流や体温を一定にコントロールしています。

ところが、自律神経が失調してしまうと、コントロール機能が低下し、血管の収縮・拡張が極端になってしまい、のぼせやほてりも起こってくるのです。
更年期障害は、症状が引くまでに数カ月の人もいれば、数年かかる人もいるというようにまちまちなので、おおらかな気持ちで乗り切ることが大切です。というのも、のぼせに限らず、自律神経の失調が原因となる症状には、ストレスも大きく関わるので、あまり神経質になると、かえって悪化させることがあるのです。

のぼせ・ほてりと同時にあるいは単独でも、昼夜の別なく、汗がたくさん出る症状を、多汗といいます。多汗も、エストロゲンの減少による、自律神経系の失調が原因で起こるとされます。

 

プラセンタは自律神経にいい

プラセンタには様々な効果がありますが、中でも自律神経調整作用があることが、さまざまな実験で明らかにされています。更年期障害のなかでも一番悩みの多い、のぼせ、ほてり、多汗は自律神経失調により起こります。プラセンタの調整作用が、のぼせ、ほてり、多汗の症状の改善に効くのです。

エストロゲンの投与などで改善されるもいますが、なかなか改善しない方、エストロゲン投与までするほどでもない方、更年期障害を予防した方は、プラセンタサプリを試してみる価値があるです

 

次のページ≫≫更年期にはプラセンタ療法?

プラセンタ商品の比較表へ≫≫馬プラセンタサプリ比較表