タグ別アーカイブ: 更年期でイライラ

更年期でいつもイライラしてしまう方の対処法

2.いつもイライラしてしまう方の対処法

更年期でイライラしてしまう

この症状は

最初は生理前のイライラだったものが、徐々に生理周期に関係なくいつもイライラするようになります。更年期に近づいて女性ホルモンが低下するとストレスへの耐性が弱くなるのです。

きりがないほど多種多様な症状が出ますが、大きく二つに分けられます。イライラしてカッとなる症状と、落ち込んで憂うつになる症状です。どちらも急に起こるので注意が必要です。

とくに、40代になって「以前よりちょっとしたことでイライラするようになった。こんな些細なことで怒る自分ではなかった」「突発的に子供をきつく叱るようになった」という場合、隠れ更年期のせいでホルモンバランスが崩れていることが多いのです。当編集部では、後述する母の滴プラセンタEXを2錠、イライラ症状があらわれてから飲むことで、症状を抑えることができました。イライラしたらプラセンタを飲む。これだけで何度も「イライラを爆発させた後の嫌な思い」をせずに済みました。

40代の男性が怒りっぽくなっている場合にも効果があります。
「40代といえば責任のあるポストにつくことが多いため、これまで以上のプレッシャーでイライラしている」と片付けることが多いようです。とくに男性は更年期なんて考えもしないはずです。でも実は更年期症状のため、ホルモンバランスが崩れているだけ、という方を多く見てきました。この時期の男性にはプラセンタは大きな助けになります。毎日、家を出る前にプラセンタを2錠(400mg以上)飲むだけで、驚くほど穏やかに過ごせます。

 

【よくある症状】
小さなことでイライラしてしまう
小さなことが気になる
思考が堂々巡りしてしまう
カッとなったかと思うと、反動で落ち込んでしまう
たいしたことではないのに、強いストレスを感じる
突然涙が出る
なんだか焦る気持ちがおさまらない
漠然と不安になる
クヨクヨしてしまう
うつ状態になる
何もする気が起こらない
眠れない
眠りが浅い
人と接するのが億劫になる

ヨガで精神安定

こういう症状の方は・・・

普通に生活していた方でもホルモンバランスの乱れが、心の乱れにつながってしまいます。仕事や家族、夫婦関係、親の介護など心配事が大きい人には特に大きく症状が出てしまいます。

 

効果的な対策は3つです。

1.女性ホルモン剤 心の不調を解消する作用があります。

2.プラセンタ注射・サプリメント プラセンタ注射、サプリメントは自律神経を整え、肝臓を元気にしてくれます。イライラは肝臓からくるとも言われます。肝臓にも効果的なプラセンタは原因を2つ一緒に癒してくれます。

3.漢方 即効性はありませんが、プラセンタ注射である程度よくなったら切り替えるのがいいでしょう。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

1.女性ホルモン剤

当サイトではホルモンを補充することは、不自然な行為と考えています。更年期は女性ホルモンの分泌が停止へ向かうとともに、副腎などの働きで新しいホルモンバランスが作られていく大切な時期でもあります。にもかかわらず、自然の営みに逆らい「足りないなら外から補えばいい」とばかりに女性ホルモンを安易に補うことは、不自然だと考えています。

しかし、女性ホルモン剤が効果的であることは疑いようがないことです。

プレマリン

プレマリン

おすすめの女性ホルモン剤は「プレマリン」です。1回あたり0.625mgを1日1回服用するのが通常です。2~3ヶ月間服用していると安定しいてきます。日本では処方箋が必要な医薬品なので医師の診断を受けてください。

最近は海外からの個人輸入によって処方箋が無くても「プレマリン」を入手できるようになりました。個人輸入は出費も大幅に抑えることができます。もちろん合法です。また「プレマリン」のジェネリック薬であればさらに出費を抑えることもできます。
プレマリン(PREMARIN) ニュージーランド版 0.625mg2,357円(2017年1月の参考価格)

 

2.プラセンタ注射・サプリメント

プラセンタサプリプラセンタにはホルモンバランスを整える内分泌調整作用があります。
プラセンタ注射は医薬品です。今後献血できなくなるリスクを承知すれば、保険適用で注射を打つことができます。

一方サプリメントは副作用が全くない安全な対策になります。イライラする方は注射を打つ頻度が高くなる傾向にあるため、費用と保険適用範囲が問題になります。そこで一部の医療機関では注射の間にサプリメントの服用を勧めます。※注射すると献血できなくなる点は軽視しないでください。

リスクに対して抵抗のある方は、プラセンタ原末の配合量が多いサプリを毎日飲むことで、注射に匹敵する効果を得られます。1回400mg以上の原末が含まれるものを選んでください。
●編集部で太鼓判。プラセンタ含有量が1回で400mgなのはこれです。≫≫母の滴プラセンタEX

 

3.漢方薬

更年期のイライラに効く漢方長く飲み続けることで効果を発揮するのがイライラ対策の漢方の特徴です。漢方では気滞という症状です。

加味逍遥散:イライラ+情緒不安定の対策に
半夏厚朴湯:うつうつとして喉につかえるような感じの改善に
抑肝散:同じ
酸そう仁湯:疲れのせいで眠れない人に

●漢方についてもっと詳しく≫≫本人にしかわからないつらさ更年期障害に漢方をお試しください!更年期障害にお勧め【加味逍遥…4,725円

 

 

その他の対策

【食事での解消法】
肝機能の低下が影響している場合があるので、まず食事を軽くすることから初めてください。それだけでずいぶんイライラが減ることもあります。かぼちゃや玉ねぎ、かぶ、ゆり根などを食事に取り入れてください。また、発芽玄米がイライラに効果があります。亜鉛にも心を安定させる作用があります。そこでおろししょうがをたっぷりと摂ってください。

 

【イライラの解消法】
不眠の症状がある方でも睡眠時間は確保しましょう。良く寝ることがイライラ解消につながります。不眠の方は軽い運動をして下さい。ジョギングは心を発散する効果も高いので特にお勧めです。おふろで洗面器にお湯をためてアロマオイルをたらしてみるのも良いでしょう。柑橘系のベルガモットやジャスミン、ゼラニウムに鎮静作用があります。

 

実際に当編集部で更年期に効いたプラセンタランキング

1位母の滴プラセンタEX 更年期に効くプラセンタはどれ?

詳細はこちら≫≫母の滴プラセンタEX

2位プラセンタの泉360 更年期に効くプラセンタはどれ?

詳細はこちら≫≫プラセンタの泉360

 

更年期障害はエストロゲンの減少が原因です

更年期障害は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少によって引き起こされます。女性では40代から急激に減少します。そのため体内にエストロゲンを補充すると症状が緩和され、場合によってはほとんど症状がなくなります。プラセンタはエストロゲンを生産する働きを助けます。

 

 

次のページ≫≫関節が痛くなる方