40歳を過ぎてむくみがひどくなる方の対処法

4.むくみがひどくなる方の対処法

むくみの原因が女性ホルモン低下?

むくみの原因が女性ホルモン低下?

この症状は

女性ホルモンが低下すると新陳代謝や血流が弱くなります。そのため代謝されない水分が、必要とされていない箇所にたまってしまいます。これがむくみの原因です。

水分がたまっているから保湿されていると勘違いしてはいけません。実はむくんでいるときは細胞内には必要な水分が入っていきません。細胞の周りは水浸しですが、細胞は水分が出て行ってしぼんでしまいます。肌はかえって乾燥気味になります。むくみを放置するとますます血行が悪くなります。冷え性の原因にもなります。

【よくある症状】
足首がむくんだままで元にもどらない
朝起きると顔がむくんでいる
体が重い
手足がだるい
頭が重い
足やひざの裏が張って痛い
アレルギーがひどくなる
耳鳴りやめまいがする
ムカムカを感じる
下半身が冷えてなかなか温まらない
皮膚が乾燥する
粘膜も乾燥する(→粘膜が弱ってカサカサ、チクチクしてしまう方

更年期でむくむ

更年期でむくむなんて

こういう症状の方は・・・

むくみは疲れや体調不良のサインであったりします。まさか更年期のためにむくむとは思っておらず、疲れを取ろうといくら寝ても治らない・・・と悩む方もいます。むくんでいるからといって水分を控えるのが一番大きな間違いです。

むくんでいるときは逆にミネラルウォーターなどをたっぷり摂ってください。水分を制限すると血液の濃度が高まり、血栓症に発展する場合があります。気をつけて下さい。

 

効果的な対策は3つです。

1.プラセンタサプリ プラセンタサプリで女性ホルモンを作り出す力が戻れば、不要な水分は排出されます。

2.女性ホルモンを補充 エストロゲンを補充します。

3.漢方 漢方はむくみを取る力が強いです。大幅改善を期待できます。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

1.プラセンタサプリ

むくみの原因は女性ホルモンの低下です。後述するホルモン補充を行うと、症状を改善することはできますが、胸が張ったり、おりものが増えるという影響があります。プラセンタにはこの心配が無いので、安心して試せる点が他の対策に比べて優れています。

母の滴プラセンタEXリニューアル2017.1パッケージ6-2

プラセンタサプリには、ホルモン量を調整する内分泌調整作用や自律神経調整作用が備わっています。まず、最低1ヶ月~2ヶ月間試して経過を見るのがいいでしょう。また副産物として、肌の調子がよくなったり、寝起きがラクになったりします。

続けることが重要になるので、費用が安く、品質が高いものがより好ましいです。編集部ではこのサプリで効果を実感しています。≫≫母の滴プラセンタEX

2.女性ホルモンを補充

当サイトではホルモンを補充することは、不自然な行為と考えています。更年期は女性ホルモンの分泌が停止へ向かうとともに、副腎などの働きで新しいホルモンバランスが作られていく大切な時期でもあります。にもかかわらず、自然の営みに逆らい「足りないなら外から補えばいい」とばかりに女性ホルモンを安易に補うことは、不自然だと考えています。 しかし、女性ホルモン剤が効果的であることは疑いようがないことです。

プレマリン

もし補充するならば、おすすめの女性ホルモン剤は「プレマリン」です。ただし、はじめの1ヶ月ぐらいは逆にむくみが出ることがあるので注意が必要です。体が慣れるとむくみはすっきしします。1回あたり0.625mgを1日1回服用するのが通常です。2~3ヶ月間服用していると安定しいてきます。

日本では処方箋が必要な医薬品なので医師の診断を受けてください。最近は海外からの個人輸入によって処方箋が無くても「プレマリン」を入手できるようになりました。個人輸入は出費も大幅に抑えることができます。もちろん合法です。また「プレマリン」のジェネリック薬であればさらに出費を抑えることもできます。 ●プレマリン(PREMARIN)アイルランド版 0.625mg1,845円(2016年8月現在の参考価格)

 

自然の成分で女性ホルモンを補充する

上記のプレマリンなどは、科学的に合成された成分です。もし、自然の成分で女性ホルモンを補充できたらどうでしょうか。体内で女性ホルモンと同じ働きをするものとして有名なのがイソフラボンです。日本人は大豆食品を良く食べるので欧米に比べ更年期障害が少ないとされています。

しかしイソフラボンはとても効力の弱い物質なんです。すでに日本的な生活を送っていて更年期障害が出た場合には、イソフラボンでは間に合いません。その場合は、ミロエステロールを補充する必要があります。ミロエステロールは女性ホルモンエストロゲンと同じくらいの活性力があるとされています。

レディーズプエラリアミロエステロールはプエラリアというタイ産の植物に含まれています。プエラリアのサプリメントを定期的に摂取することで、更年期はかなり緩和されます。人体を使った臨床試験でも更年期緩和の結果が出ています。注意点はプエラリアにサプリメントは非常に粗悪な商品が多いという点です。自社検査でミロエステロールの含有を認めているのはこの商品だけです。≫≫レディーズプエラリア99%(330mg×60粒)

3.漢方薬

五令散漢方の得意分野がむくみ対策です。むくみからくる、耳鳴りやめまいムカムカにも効果てきめんです。漢方では水滞という症状です。

桂枝茯苓丸(けいしぷくりょうがん):むくみに効く
防巳黄耆湯:むくみに効く
五苓散(ごれいさん):むくみに効く(即効性あり)

●五苓散についてもっと詳しく≫≫最大ポイント20倍!お買い物マラソン開催! 2/5 0:59まで 口渇・下痢をともなうむくみにクラシ…

 

 

その他の対策

【食事での解消法】
むくみが出ている方は、体が冷えている場合が多いので体を冷やす生野菜は避けてください。基本的に火の通ったものを食べましょう。体を温めるしょうがはお勧めです。味噌汁に絞って入れると多く食べられます。ごぼうは血液を上げ、水のめぐりをよくします。ウコン茶、シナモン茶、しょうが茶も効きます。

 

【関節痛の解消法】
お灸が即効性があります。脚のむくみにはひざ周辺やむこうずねにお灸をしてください。パンパンに張った脚がみるみる楽になります。正座ストレッチも効果的です。正座して後ろに体を反らします。右ひじ、左ひじを交互につけます。

 

実際に当編集部で更年期に効いたプラセンタランキング

1位母の滴プラセンタEX 更年期に効くプラセンタはどれ?

詳細はこちら≫≫母の滴プラセンタEX

2位プラセンタの泉360 更年期に効くプラセンタはどれ?

詳細はこちら≫≫プラセンタの泉360

更年期障害はエストロゲンの減少が原因です

更年期障害は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少によって引き起こされます。女性では40代から急激に減少します。そのため体内にエストロゲンを補充すると症状が緩和され、場合によってはほとんど症状がなくなります。

 

「むくみがひどい方」に効果的なのはこのプラセンタ。
≫≫母の滴プラセンタEX

 

次のページ≫≫どうきで胸がドキドキする方の対処法