動悸で胸がドキドキする方の対処法|かーっとなるホットフラッシュも

5.動悸で胸がドキドキする方の対処法

動悸で胸がドキドキする更年期症状の解消法
この症状は
自律神経に不調が起こっています。心臓がドキドキしたり、急に熱くなって汗をかいたり、不整脈になったりして、とても不安になります。まさか更年期の症状だとは思わず、心臓の病気かと思って検査しても何も異常が無いと診断されてしまいます。急に症状が始まり、自分では抑えきれないくらい症状が暴走すると感じる方も多いようです。とくに心臓の動悸は生命の危機を感じるほどです。

【よくある症状】
心臓がドキドキする、止まらない
急に熱くなる
急に寒くなる
急に汗をかく(ホットフラッシュ)
不整脈になる
下痢と便秘が続く
めまいがする
立ちくらみがする
食欲が無くなる
食事が楽しめず、気持ちが落ち込む
自律神経 ドキドキにはプラセンタ
こういう症状の方は・・・

更年期のために自律神経に不調が起こっています。その仕組みはこうです。自律神経をコントロールしているのは脳の視床下部という場所です。この部分は女性ホルモンもコントロールしているため、女性ホルモンのバランスが崩れると、同じ場所にある自律神経にも影響が出てしまいます。

卵巣が衰え、女性ホルモンが減ってくると、視床下部は女性ホルモンを出す指令を絶えず卵巣に伝えますが、卵巣ではもう女性ホルモンを作る力がありません。そうすると視床下部が混乱し、自律神経まで不調になってしまいます。女性ホルモンをUPすれば視床下部も正常に戻り、自律神経も正常になります。プラセンタで驚くほどぴたっと止まることがあります。

 

効果的な対策は3つです。

1.プラセンタサプリ プラセンタサプリで女性ホルモンを作り出す力が戻れば、自律神経も元に戻ります。

2.女性ホルモンを補充 エストロゲンを補充します。

3.漢方 漢方は発汗、ドキドキを取る力が優れています。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

1.プラセンタサプリ

自律神経の不調は女性ホルモンの低下が原因です。後述するホルモン補充を行うと、症状を改善することはできますが、ホルモンを直接補充することに恐れや抵抗が無い方はいません。また胸が張ったり、おりものが増えるという影響もあります。プラセンタにはこの心配が無いので、安心して試せる点が他の対策に比べて優れています。

母の滴プラセンタEXの原末プラセンタサプリには、体内のホルモン量を調整する内分泌調整作用や自律神経調整作用が備わっています。卵巣の衰えた機能を元気にしてくれる効果も見込めます。プラセンタで生理が復活したという話はよく聞きますが、これはホルモンを直接摂取するのとは状況が異なります。

ホルモンを摂取する場合は、摂取をやめると女性ホルモンは経過とともに0に近づきます。プラセンタの場合は女性ホルモンを作る力が復活するので、プラセンタをやめても作る力は残ります。まず、最低1ヶ月~2ヶ月間試して経過を見てください。

また副産物として、肌の調子がよくなったり、寝起きがラクになったりします。続けることが重要になるので、費用が安く、品質が高いものがより好ましいです。編集部ではこのサプリで効果を実感しています。≫≫母の滴プラセンタEX

 

2.女性ホルモンを補充

女性ホルモン剤のプレマリンを適量飲むと、ぴたっと症状が止まる方がほとんどです。しかし、当サイトではホルモンを補充することは、不自然な行為と考えています。更年期は女性ホルモンの分泌が停止へ向かうとともに、副腎などの働きで新しいホルモンバランスが作られていく大切な時期でもあります。

にもかかわらず、自然の営みに逆らい「足りないなら外から補えばいい」とばかりに女性ホルモンを安易に補うことは、不自然だと考えています。 しかし、女性ホルモン剤が効果的であることは疑いようがないことです。

プレマリン

まず、飲むべき女性ホルモン剤は「プレマリン」です。1回あたり0.625mgを1日1回服用から始めるのが通常です。日本では処方箋が必要な医薬品なので医師の診断を受けてください。こわごわ少量を使っていても効果が出ませんが、適量でぴたっと症状が治まります。

最近は海外からの個人輸入によって処方箋が無くても「プレマリン」を入手できるようになりました。個人輸入は出費も大幅に抑えることができます。もちろん合法です。また「プレマリン」のジェネリック薬であればさらに出費を抑えることもできます。 ●プレマリン(PREMARIN)アイルランド版 0.625mg1,845円
(平成26年8月現在の参考価格)

 

自然の成分で女性ホルモンを補充する

上記のプレマリンなどは、科学的に合成された成分です。もし、自然の成分で女性ホルモンを補充できたらどうでしょうか。体内で女性ホルモンと同じ働きをするものとして有名なのがイソフラボンです。日本人は大豆食品を良く食べるので欧米に比べ更年期障害が少ないとされています。

しかしイソフラボンはとても効力の弱い物質なんです。すでに日本的な生活を送っていて更年期障害が出た場合には、イソフラボンでは間に合いません。その場合は、ミロエステロールを補充する必要があります。ミロエステロールは女性ホルモンエストロゲンと同じくらいの活性力があるとされています。

レディーズプエラリアミロエステロールはプエラリアというタイ産の植物に含まれています。プエラリアのサプリメントを定期的に摂取することで、更年期はかなり緩和されます。人体を使った臨床試験でも更年期緩和の結果が出ています。注意点はプエラリアのサプリメントは非常に粗悪な商品が多いという点です。自社検査でミロエステロールの含有を認めているのはこの商品だけです。≫≫レディーズプエラリア99%(330mg×60粒)

 

3.漢方薬

黄連解毒湯漢方では気逆と呼ばれる症状です。ほてりや発汗、動悸を抑えるのは得意ですが、めまいや冷え、痺れなどは残りやすい症状です。徐々に治まるので即効性に期待してはいけません。

加味逍遥散(かみしょうようさん):ホットフラッシュに効く
黄連解毒湯(おうれんげどくとう):動悸に効く
白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう):ほてりに効く

●黄連解毒湯についてもっと詳しく≫≫ツムラ漢方 黄連解毒湯(1015) 24包/ツムラ 漢方製剤/胃腸薬/胃弱/顆粒・粉末/税込2052円以上送…

 

その他の対策

【食事での解消法】
自律神経が乱れている方は、カフェインやアルコールなどの刺激物は控えてください。菊がのぼせの特効薬といわれています。乾物として売っていますので、水で戻しておひたしにして食べてください。乾燥した菊はお茶としても飲めます。サフランにも自律神経を整える作用あります。また、ハーブティーの中でもセージのお茶に急な発汗を調整する働きがあります。

 

【自律神経の不調解消法】
ブラックコホシュをご存知でしょうか?ネイティブアメリカンが使っていたハーブです。米国伝統の更年期対策用のハーブで、現在は北米にとどまらず欧州にも広まっています。日本ではバストアップサプリとして扱われていますが、バストアップにしか使わないのはもったいない効果を秘めています。ブラックコホシュは女性ホルモン様の働きをするものなので、プエラリアと同様にサプリとして経口摂取すれば、自然な女性ホルモンを補充できます。
実際に当編集部で更年期に効いたプラセンタランキング

1位母の滴プラセンタEX 更年期に効くプラセンタはどれ?

詳細はこちら≫≫母の滴プラセンタEX

2位プラセンタの泉360 更年期に効くプラセンタはどれ?

詳細はこちら≫≫プラセンタの泉360

 

更年期障害はエストロゲンの減少が原因です

更年期障害は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少によって引き起こされます。女性では40代から急激に減少します。そのため体内にエストロゲンを補充すると症状が緩和され、場合によってはほとんど症状がなくなります。

 

71種類のプラセンタを試して、ホットフラッシュに一番効果的だったのはこのプラセンタです。
≫≫母の滴プラセンタEX

 

次のページ≫≫頭がぼーっとしてしまう方