プラセンタの効果とは?

プラセンタの更年期障害における臨床例

プラセンタの更年期における効果プラセンタの更年期障害における臨床例では、1262件に対して 有効率78%という結果が残されています。副作用の心配が無いプラセンタでこのような結果がでることは大変驚くべきことです。

プラセンタが更年期障害に効果を示すしくみについては、
これまでの数々の臨床例から次のような作用が明らかになっています。

【プラセンタの薬理作用】

ホルモンバランスを整える「内分泌調整作用」
自律神経のバランスを整える「自律神経調整作用」

「基礎代謝向上作用」
「血行促進作用」
「造血作用」
「疲労回復作用」
「貧血改善作用」
「免疫賦活作用」
「体質改善作用」

このような多種多様の薬理作用を発揮します。
これらが複合的に働き更年期に見られる様々な症状に効くのです。

 

【改善される諸症状】

上記のような広範囲の薬理作用から、プラセンタはさまざまな諸症状の改善に効果を発揮しています。

更年期障害
糖尿病
胃潰瘍
肝臓病
自律神経失調症
腰痛
関節症
リウマチ
神経痛
高血圧
慢性腎炎
アトピー性皮膚炎
疲労回復
発毛効果

以上の症状の改善について臨床効果が報告されているのです。

 

次のページ≫≫大豆イソフラボンの嘘ホント

プラセンタ商品の比較表へ≫≫プラセンタサプリ比較表|人気商品のスペックがわかります。